menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

副業、Wワークできる犬関連の仕事ってある?それって大変?

副業、Wワークできる犬関連の仕事ってあるのか

本業の手取りが安くて、副業をしたい!
いずれは犬関連の仕事につきたいから副業で経験を重ねたい!
お小遣い稼ぎに犬関連の仕事がしたい!

等、さまざまな理由で副業を考えている方も多いと思いますので、この記事では、副業でもできる犬関連の仕事を紹介します。

1、ペットシッター(ドッグウォーカー)

犬が大好きで、本業と両立させながら、犬関連の仕事を副業にしたい!という方に最適なのが「ペットシッター」です。
飼い主が旅行や残業、その他病気入院や治療のための通院で、不在にする際に飼い主に代わって犬のお世話をする仕事です。

特別な資格は必要ありませんが、ペットシッター士の資格があると、より高いお給料で働く事もできますし、飼い主にとっても資格保持者のほうが安心してお任せできるので、豊富な仕事量が確保出来ます。

資格は、通信講座で取得できるので、仕事で通学できない人におススメです。
また将来的にペットシッター開業を希望している方は、動物取り扱い業の登録も義務付けられていますので、その要件を満たすペットシッター士の資格は、取得して損はありません。

ペットシッターを副業する場合は、全国を網羅しているペットシッター協会やサービス業者に登録して、派遣という形で仕事を行う事もできます。
その場合は時給制で、900円から1500円ほどです。

多くの方が、副業としているので、平日の夜間や休日などを上手に活用しています。
知名度・人気ともに評判があがれば、直接雇ってもらえることもあります。

その場合、依頼主によって報酬が異なるので、高収入も期待できます。
ちなみに副業で行うペットシッターの仕事内容は、ペットゲージ周辺の掃除、えさやり、お散歩、お風呂や遊び、などがあります。

犬好きなら、犬と遊びながらお給料が貰える、夢のような副業になること間違いありません。

2、トリマー

トリマーを副業として採用している職場はたくさんあります。
例えば、動物病院内に設置されているサロンで、午前8時から午後8時の間で、1時間から勤務可能。

日数や時間もすべてスタッフ同士で調整できるという求人から、午前勤務のみ、週2日出勤可能など、さまざまなスタイルで副業として働くことが出来ます。
そのため、近年、普段はOLさんとして午後5時までデスクワークで働き、その後、2時間ほどトリマーとして動物病院やサロンで働くという女性が増えています。

トリマーのお仕事は、未経験でもできますが、副業として活躍する場合、即戦力が求められる傾向が高いので、最低限の資格は取得しておきましょう。
トリマーの資格は通信教育でも取得できます。

ただし、将来自宅開業を希望する方は、「動物取り扱い業」の登録が必要なので、今のうちに合わせて通信で取得しておくのがおススメです。
ちなみに、トリマーを副業とする場合のお給料や時給制で800円から1500円ほど、能力に応じてプラスされます。

3、嘱託警察犬訓練士

直轄警察犬訓練士のように、公務員として安定した収入の確保が難しい嘱託警察犬訓練士は、副業として活動している方が多いのが現状です。
直轄の警察犬訓練士は、公務員なので、年収750万円ほどありますが、必ずしも希望する警察犬訓練士として配属されるとは限りません。

もしかすると退職まで交番勤務の可能性もありますので、確実に警察犬の訓練士になりたいなら、収入は低くなりますが、嘱託犬警察訓練士を副業で行うのがベスト。
月収は、15万程度、年収200万ほどとなりますが、別の仕事と掛け持ちで行うことができるので安定した収入は得られるでしょう。

ただし、犬1匹を担当し、世話の全てを行う必要があるので、副業といえ、日々苦労は耐えません。

4、ブリーダー

ブリーダーを本業にしている方よりも、副業として働いている方が多いのが現状です。
ただ、ブリーダーを副業とする場合、他の副業とは違い、「小遣い稼ぎ」という目的ではありません。

犬の交配や繁殖は、人間が思うとおりにいきません。
そのため、年間数十匹の子供を養っても、買い手が見付からないという場合や、出産数がゼロという場合もあります。

これでは生計が成り立たないため、別の仕事で収入を確保しなければいけない、というのがホンネです。
ブリーダーとして最高の1匹を誕生させるためには、本業で安定したお給料を得る必要があるのです。

5、動物看護士

動物看護士も、副業として働く事はできます。
例えば、派遣社員として登録すると、時給1100円から1200円程度で、朝のみ、昼のみ、夕方からの勤務、夜勤など希望の働き方が出来ます。

資格取得は絶対的な条件ですが、中には、資格支援制度を設けている病院もあります。
この場合、本業を続けつつ、アルバイトや派遣で、副業をこなし、そこで動物看護士としての資格を取得し、将来的に正社員として転職する、という形をとる方も珍しくありません。

ただし、動物看護士の仕事は、半端な気持ちでは、精神的、体力ともについていけない業務なので、本業も副業も本気で続けられる忍耐力が要求されます。
以上、副業もできる犬関連の仕事を紹介しましたが、本業で副業が禁止されている職場もありますので、十分注意しましょう。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事