menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

犬関連のお仕事は「手に職をつけられる」?メリットやおススメの資格

手に職をつけるメリットやおススメの資格

手に職をつけると将来有利!なんていいますが、手に職をつける!とは、一体どういう意味だと思いますか?
例えば、特別な資格がなくても、ある程度の時間をかければ、

  • だれでも出来る仕事
  • だれにでも就ける仕事

というのは、ここで言う「手に職をつける」という意味にはなりません。

手に職をつけるには、専門的な知識、技術を習得したのち、特別な資格を取得したものが行う仕事の事を意味します。
そのため、「手に職をつける」というのは、ものすごく大変で、ものすごく意味のあることなのです。

「スペシャルな技術、スキルを身につける」という事

仕事といってもその数はとても多く、年齢問わず、経験問わず、誰でもできる仕事もたくさん存在します。
しかし、特定の資格、技術、スキルや経験がなければ、絶対に就けない仕事というものがあります。

犬関連の仕事で言えば、獣医師や動物看護士、トリマーに動物訓練士、ペットシッターなど・・・。
これらの仕事は、時間をかけ、時に何度も受験に失敗し、長い下積みを経てようやく手にできる資格、経験を持って、専門的な仕事に就くことを意味します。

そのため、「手に職をつける」ことは、それ以前から、数多くの勉強に時間を費やし、さらに職場で経験を重ねてはじめて手に職をつけるのです。
時間がかかるのは当然ですよね。

ですが、一度手に職をつけると、将来は安泰で、例え途中で仕事を離れ、別の道に進んだとしても、再び犬関連の仕事に戻ることも、仕事探しで苦労することもないでしょう。

ましてや犬関連の仕事は、今後需要が増えると予想されていることから、他の仕事に比べると「手に職をつける」ことによって、かなり約束された将来となることは明らかです。

「手に職をつける」にはどうしたらいいの?

ただ、手に職をつけたい、といっても、どうやればいいのか、分からないという方も多いですよね。
犬好きで、実際に犬を飼っているし、お世話もしているから日々の生活程度ですぐにでも専門的な職場で働き、「手に職がつく?」という事ではありません。

手に職をつけるためには、まず、あなたがどのような職業を目指し、その職業には、どのような資格や技術が要求されているのかを知り、その技術、資格を取得するには、どのような勉強が必要なのかを調べ、がむしゃらに勉強し、その技術、能力を持って、犬関連の仕事に就くという道のりを、歩まなくてはいけません。

次に「長く活かせる資格」を取得して手に職をつけるのに、おススメの仕事を紹介しますので参考にしてください。

「手に職をつける」おススメの資格と仕事

1、 医療系の資格(獣医師、動物看護士、介助士など)

手に職をつけるという意味では、かなりスペシャルなのが、医療系の資格と職場です。
一度手につけたら、何歳になっても、職に困ることはなく、独立開業等も夢ではありません。
ただし、他の資格等に比べ、難易度が高く、時間もかかるので、早めに進路を決めるようにしましょう。

2、 トリマーの資格

「手に職をつける」という事ですぐにイメージする職種かもしれませんね。
トリマーの資格を取得し、ある程度の経験と実績を積みかさねれば、ハサミ、ブラシなど必要最低限の道具さえあれば、あとは腕次第で、どこででも活躍できます。
場合によっては、自宅の一室を改装して、自らのショップを立ち上げる事もできるなど、特に女性に人気です。

3、動物管理栄養士の資格

家族同然、子供同然として大事に飼われている犬に対する食生活のあり方も以前とは大きく異なります。
そのため、ペットフードだけでなく、犬が安全に食せるケーキにクッキー、飲み物などの開発、研究も進み、動物管理栄養士の存在価値も高くなっています。

しかも動物管理栄養士は、豊富な知識さえ頭に詰め込むことさえできれば、獣医師や看護士、トリマーのように特別な道具は一切必要ありません。
経験を重ね、手に職をというよりも、自分自身の体一つで、仕事を長く続けることが出来ます。

知名度がアップするとテレビなど活躍の場所を広げる事もできるので、注目のお仕事です。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事