menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

犬に関わる職場ってどんなところがある?職場の種類

犬に関わる職場ってどんな職場なのか

犬に関わる仕事は、何もペットショップや動物病院だけではありません。
この記事では、犬と関わる「職場」にスポットをあてて、活躍の場所を紹介します。

将来は、犬に関わる仕事がしたいけど、どんな場所で働けるのか、まったく分からないという方は、以下を参考にしてください。

1、医療系施設

まずは、定番ですね。
犬と関わったお仕事がしたい!と思う方が真っ先に思い浮かべる「職場」は、病院や介護施設ではないでしょうか。

現在増加傾向にある犬、猫等のペットを受け、全国各地にとても多くの動物病院が誕生しています。
24時間体制で対応している病院もあれば、ドッグランやカフェなどを併設している病院なども増えていますよね。

さらに犬の高齢化を受け、老犬を預かる施設や、人間の高齢化でやむなく手放さないといけない犬などを受け入れる施設なども増え、さらに需要が高まると予想されます。
このような職場では、獣医師、動物看護士、動物介護士や、アニマルカウンセラー、介助訓練士などのスキル、資格を持つ方が活躍しています。

国家資格など、特殊な資格を必要とする場合も多いため、医療系施設で将来は働きたいと希望する場合は、どのような資格やスキルが必要なのか、早めに確認してください。

2、ショップ・飲食系

ペットショップやペットサロン、ドッグカフェにテーマパークなど、多くの犬好きが集まる職場で働きたいという方には、ショップ、飲食系がおススメです。
常に多くの犬と触れあうことが可能です。

さらに、医療系の職場とは違い、犬が健康でとても元気なので、毎日明るく楽しく仕事に専念できる点が魅力です。
また、働いている人間も、全員が犬好きという共通の感覚を持つ方ばかりなので「楽しく仕事がしたい!」方に最適です。

特別な資格等は、必要ありませんが、多くのお客さまを接する機会が多いため、コミュニケーション能力は最低限必要です。
ただし、トリマーの場合は、トリミング、グルーミングの技術が必要不可欠、また飲食、カフェ等の場合は、料理等ができないと採用されないケースもあります。

飲食、ドッグカフェで高額収入を得るには、動物栄養士等の資格があれば給与査定にもプラスに影響するはずです。

3、ホテル・宿泊施設

飼い主の留守中に飼い主に代わって、大事な犬を預かるのがホテルや宿泊施設などです。
24時間体制で対応しているところもあるので、職場によっては、不規則な業務形態になる事もあります。

ただ、犬を自宅で飼えないけど、仕事で犬と関わりたい、という方には絶好の職場です。
なぜなら、飼い主に代わって、お散歩や飲食、遊びなど身の回りのすべてに対応できるので、短い時間ですが、自分の犬同然に可愛がることが出来ます。

未経験、無資格でも採用している職場もありますが、ペットシッターや動物看護士、動物介助士、ペットカウンセラー、動物栄養士などの資格保持者であれば、尚高い給与で採用されることが予想されるので、今のうちに資格を取得する方向で、計画してもいいかもしれません。

その他、ホテル宿泊施設で経験を重ね、その後独立開業という夢を叶える事も・・・。
いずれは、自分でペットホテルなどを経営したい、という夢を持っている方は、このような職場で経験を積むのもおススメです。

4、空港・警察署

犬関連のお仕事で、近年とても注目され人気が高まっているのが、空港や警察署という職場です。
何よりも安定した収入が確保できますし、やりがい、充実感ともに高いことで人気です。

でも、空港や警察という職場で、一体犬とどうやって関わるの?と首をかしげる方もいるかもしれませんね。
まず、警察署、という職場では、警察直轄の警察犬訓練士として勤務します。

一応、警察官、という採用で、訓練士という任務が与えられるので、お給料は、公務員制度で支払われます。
民間に嘱託されている警察犬訓練士に比べるとはるかに高収入なので、給与で職場を選ぶ方は、こちらが断然おススメです。

ただし、警察官採用試験を受けなければならないので、学生の今のうちに勉強をスタートさせたほうがいいかもしれませんね。
続いて、空港という職場での犬とのかかわりですが、これは、麻薬探知犬訓練士、もしくはハンドラーとして任務します。

近年急増している海外からの旅行者の身体を麻薬探知犬とハンドラーとなる税関職員がタッグを組んで、麻薬を持ち込む人を見つける、というお仕事になります。
世界中から人が押しよせる空港という職場で、犬を扱う仕事なので、高度で特殊な能力が要求されますが、とてもやりがいのある仕事です。

この職場で犬と関わる仕事がしたい方は、税関職員として採用されなければいけません。
国家公務員試験に合格し、税関職員になった後は、麻薬探知犬訓練士、ハンドラーの配属を希望しましょう。

ちなみに、希望する部署、職場に必ずしも配属されるとは限りませんが、参考までに国家Ⅱ種、Ⅲ種試験合格者の比較的若く体力のある職員が該当するみたいですね。

5、厚生労働省管轄機関(保険所・愛護センター等)

最近よくニュースで取り上げられる「動物殺処分ゼロ」という取り組みを知っていますか?
ペットとして飼った犬を捨てたり、虐待したりと、最低な人間の行動によって、引き取られた犬が身を寄せる場所、それが、保険所や愛護センターです。

保険所や愛護センターは、一定期間保護した犬をその後処分する、という仕事内容でしたが、昨今の働きによって、処分しない方向へと取り組みが進んでいます。
ただ単に犬が好きということだけでなく、犬のこれから、犬の生き方そのものを最後まで考え、社会全体を動かすというのが、この職場です。

犬のことを深く愛し、徹底的にかかわりたいという方におススメの職場ですが、楽しいことよりも辛い現実のことが多いかもしれません。
保険所や愛護センターは厚生労働省管轄の機関なので、公務員試験に合格しなければいけません。

辛い思いをする犬を1匹でも救いたいと思う方におススメの職場です。
以上が、「職場」にスポットをあてた、犬に関わって仕事ができる環境です。

職場によって、求められる資格や就職の仕方などが異なります。
特に公務員試験は、年1回とチャンスが限られていますので、早めに調べておくようにしましょう。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事