menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

犬関連の仕事は、どれくらいの給与、年収がある?高額な職種は?

犬関連の仕事はどれくらいの給与・年収があるのか

犬関連の仕事の職種別給与、年収等をまとめています。
自分の希望する職種の年収がどのくらいなのかをある程度把握しておくようにしましょう。

ケース1、「医療系」 

獣医師の給与・年収

獣医師の給与・年収は、勤務先の給与形態等によって、大きな差は生じるものの、一般的な手取り額は、月額25万から40万前後。
例えば、一般的な動物病院等で獣医師として働く場合で、正社員採用の場合で、手取り30万前後で年収360万程度

一方、勤務医と違い、開業医として自分病院を持った場合、その規模にもよりますが、年収500万から1000万前後、というところもあります。
その他、動物用医療品関係の企業、製薬会社等で正社員として働いた場合は、500万から1200万以上の年収が期待できることもあります。

獣医師の月給、年収は、勤務経験、能力、実績等、さらには勤務先、勤務形態等によっても大きく差が生じます。

動物看護士の給与・年収

動物病院での診療助手、検査助手、入院看護、その他一般業務を週休2日程度で、8時間勤務プラス1時間程度の残業をこなした場合、新卒月収で15万から18万スタート。

経験者や能力に応じ、18万か20万スタートで、賞与が出ないのが殆どなので、年収180万から240万程度
さらに、パート・アルバイト勤務の場合は、時給950円から1200円程度で、業務内容は動物看護士の一般的な仕事とほとんど変わりません。

カウンセラー給与・年収

アニマルセラピストなど特殊な技術、能力を要する仕事で、介護施設・学校や病院等さまざまな環境へ出向きます。
ただし、ボランティアとして活動することが多く、ほとんどの方が、他の仕事の傍らで行っているのが一般的。

そのため、収入はゼロということが多いのですが、中には、契約社員として採用を実施しているところもあります。
その場合、月給で15万から20万前後年収で、180万から240万。

中には、日払いで、5千円から8千円というところもあります。

ケース2、「訓練士・ハンドラー系」

ドッグトレーナーの給与・年収

ペットショップやしつけ教室、など勤務先によって給与、年収等に差はあります。
一般的には、初任給12万から18万程度

年収にして190万から300万程度となります。
ただし、訓練所などへの住み込みで働く、見習いとして訓練所に入所する場合は、食費、住居費、などを差し引いて、給与が5万円程度とかなり低く設定されています。

ドッグトレーナーとして高額収入を目指すには、特別な資格を取得や、経験、実績を積み重ねるしかありません。

麻薬探知犬、警察犬訓練士、ハンドラーの給与・年収

麻薬探知犬の訓練士、ハンドラーは国家公務員という勤務状況なので、お給料は国が定めた金額が設定されています。
麻薬探知犬の場合、一般職の給与となりますので、初任給で18万前後。

経験年数に応じ給与はアップしますので、30代、40代ともなれば、年収600万から700万以上の高額収入が期待できます。
一方、警察犬訓練士の場合は、直轄警察犬訓練士と民間団体の嘱託訓練士の2つのケースに分けて考えます。

直轄警察犬訓練士の場合は、警察官が訓練士として働くので、もちろん公務員となります。
そのため、給与は、公務員制度に適応され、初任給が18万スタートでそのまま順調に勤務できれば、年収700万以上は確保できます。

もちろん、退職金もありますので、かなり安定した収入が見込まれます。
一方、嘱託警察訓練士は、民間団体への勤務形態となるので、月収は、12万から15万前後と直轄警察犬訓練士とは、雲泥の差があります。

また嘱託警察犬訓練士の場合、業務は多岐に渡ります。

盲導犬の給与・年収

盲導犬訓練士の初任給は、14万から16万前後、経験と実績、能力に応じて、25万から30万の平均給与、年収250万から370万は見込めますが、24時間体制で、盲導犬となる犬の世話が必要となるため、早朝から夕方、深夜など不規則な業務形態となります。

ちなみに、どれほど経験と実績を重ねても独立開業が出来ません。

ケース3、「ショップ系」

トリマーの給与・年収

動物病院やサロン、ショップなどで働くことができるトリマーは、勤務先によって、月給、年収が大きく違います。
経験、能力によって高額となり、最も高いところでは、月給35万以上、逆に最も安いのがアルバイト・パートの時給860円スタートとなります。

能力が認められ、お客からの評価が高くなるほど、指名数も増えるので、年収は、300万から450万以上も期待できます。
経験や評判を積み重ねるといずれは独立開業も可能で、さらに高収入が見込めます。

ペットシッターの給与・年収

ペットシッター正社員の給与は、15万から25万程度で、年収200万から300万ほど。
経営者として独立開業し、ある程度の固定客がつけば、それなりに年収も倍増します。

逆にアルバイトやパートの場合は、時給制で、860円から1500円ほど
今後、さらに需要が高まることが予想されるため、資格、能力等によっては、安定した高収入も期待できます。

ケース4、研究・開発・製造系

ペットフード研究開発の給与・年収

大手製薬会社や企業、研究施設等によって給与形態が異なります。
正社員として勤務した場合は、年収500万から600万前後、派遣社員の場合で、月給25万前後、いずれも試用期間として最低3ヶ月程度があります。

各会社、企業によっては、能力、経験、実績で高収入等も期待できます。

ケース5、その他

ブリーダー給与・年収

一般企業に就職した場合、初任給で18万前後、年収220万程度
経験実績を重ね、平均年収が400万から500万前後となります。

個人でブリーダーとして働く場合は、取り扱う数、種類等によって収入は大きく違います。
例えば、1匹10万で販売できれば、10匹で100万が売り上げとなり、その中から繁殖にかかる経費を差し引くので、残りが収入となります。

経費には、ワクチン代、予防接種、エサやシャンプートイレ等にかかる日用品、ケア用品、繁殖費用、出産費用等があります。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事