menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

医療系から訓練士まで多岐にわたる犬に関わるお仕事の概要

医療系から訓練士まで多岐にわたる犬に関わるお仕事の概要

近年のペットブームの影響を受け、以前とは比較できないほどたくさんの犬関連の仕事が誕生しています。
定番の職種から、一度も聞いたことのないお仕事まで幅広く存在しますので、将来は犬関連の仕事に就きたい、と考えている方は以下の仕事概要を把握しておくといいでしょう。

1、医療系

獣医師

犬を含む動物の病気を治療する事はもちろん、飼育管理、衛生管理から検査、研究などさまざまな能力が要求されます。

動物看護士

獣医師の補助や外来の受付、入院中の犬の世話や健康管理、掃除から飼い主のフォローまで仕事は多岐にわたります。

動物介在療法士

アニマルセラピーとして世界的に注目されるお仕事です。
犬などを介在して、人間の心の治療を行うサポートをします。
主に老人介護施設や小学校、などの施設に出向き、心の傷を癒したり、命の大切さを教えたりなどの活動を行います。

2、ショップ系

トリマー

ペットの美容師さんのことで、犬や猫の毛のカットからシャンプー、毛染め、ブラッシングに耳掃除、爪の手入れや肛門絞りなどを実施。

ペットシッター

ホテルや個人宅で働き、犬の身の回りの世話、散歩、などを飼い主に代わって行います。

ショップ店員

犬や猫、爬虫類や淡水魚などを扱うショップで働きます。
仕事内容は多岐に渡り、犬の世話などから接客、レジ打ちなどにも対応します。

ドッグカフェ店員

犬同伴で来店できるカフェで働きます。
犬のお世話を直接する事はありませんが、犬用の飲食の提供等をふまえた料理技術が要求されることもあります。

3、製造、研究、開発系

ペットフード研究・開発

ドッグフードやサプリメントなどの研究、開発を実施。

ペットウエアデザイン・製造

犬の洋服やおもちゃなどをデザイン、企画製造までを対応。

4、トレーナー系

家庭犬訓練士(インストラクター)

人間と犬が安全かつ快適な生活を過すための犬の飼い方、育て方の指導や、犬を預かり直接指導するなどを実施。

盲導犬訓練士

視覚に障害を抱える方の補助ができるまで犬に対し、さまざまな訓練をする仕事です。
同時に視覚障害者とのコミュニケーションをとりながら犬との関係を深める必要もあるため、さまざまな能力が必要です。

聴犬訓練士

耳の不自由の方の生活を補助してくれる犬を訓練する仕事です。

警察犬訓練士

犬の優れた嗅覚力を活用し、事件解決に向けた働きができるよう犬を訓練します。
直轄犬として警視庁や県警が直接育て、訓練するケースと、嘱託犬として、民間の訓練施設で管理、育成、指導するケースの2通りがあります。

災害救助犬訓練士

近年の自然災害(地震)等でその活躍ぶりが話題となり一躍注目されたのが災害救助犬です。
災害現場(地震や火災、遭難等)に向かい、遭難した方の救助ができる犬を育成、訓練します。

麻薬探知犬訓練士・ハンドラー

鋭い嗅覚を活かし、麻薬を探知する犬を訓練士育てます。
ハンドラーとは、麻薬探知犬を扱う仕事で、犬とのコミュニケーション能力が要求されます。
ハンドラーは国家公務員資格が必要で、税関職員として勤務します。

5、その他

愛玩動物救命士

犬、猫を対象としたペットの健康、命を守る仕事で、介護や福祉の現場で活躍します。

ペット災害危機管理士

災害が発生した場合、どのようにして犬を守るか、そして飼い主を安全な場所に避難、誘導、救助するかを考え、そこへ導く仕事です。

ペット葬儀

生きている犬を直接扱うのではありませんが、需要の高い職種。
犬を含むペット全般の火葬、葬儀等に対応します。

カウンセラー

犬の死によって受けた人間の心をケアするペットロスカウンセラーや犬の心を癒すカウンセラーなど、人間、犬双方の精神的安定、癒しを提供する仕事

ブリーダー

犬を中心とする交配から出産、繁殖を手がけ、流通に関わる仕事

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事