menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

将来は犬に関わる仕事に就きたい!学生なら今のうちに準備しておきたい事!

学生なら今のうちに準備しておきたい事

犬関連の仕事に就きたいと思うだけでは、実現不可能で、本当に「夢」のままで終わってしまいます。
でも、いざ始めるとなると、一体何から準備したらいいか分からないって事もありますよね。

そんな方のために、この記事では、学生なら

  • 今のうちにしておきたい事
  • やるべき準備

等、順を追ってまとめてみましたので、参考にしながら、早めに準備に取り掛かってください。
具体的な流れが分かると何を、どのように進めればいいのか、計画できますよね。

ステップ1、「自己分析」

  • 自分は本当に犬関連の仕事に就きたい?
  • その仕事に適した性格?能力がある?

等、自分のことを知る機会を改めて設けましょう。
犬関連の仕事は、職種が幅広く、特別な資格がなくても誰にでもなれるケースもあります。

ただ、言葉の通じない犬を相手にするため、専門的な知識と経験、技術力意外に求められる適正、性格などがあります。
自分がその仕事に本当に適した性格や忍耐力などがあるかを判断するためには、

  • 実際にその仕事に就いている方の体験談や口コミなどを調べる
  • 専門家や指導者の話を聞く

などし、適性の有無を確認しましょう。
ちなみに、トリマーの場合、常に中腰で、長時間の作業に従事する必要があるため、足腰の強さなどが最低限必要ですよね。

また時に暴れる犬を押さえたりすることが要求される動物看護士の場合は、体力、腕力ともに必要な場合もあります。
今現在、体力等に自信がない方は、学生の今のうちに体力アップなどの準備を進めておくといいでしょう

ステップ2、「働き先や職種を調べる」

犬関連の仕事に就きたい!と漠然とした夢を抱いている方も多いでしょう。
しかし、「犬関連」といっても、ジャンルは幅広く、職種によっては、直接犬と触れ合う機会がない環境もあります。

もしくは「死」と常に隣り合わせの職場や、学生の今のうちから始めなければ学業や資格取得に時間をとられ、20代、30代で本格的にプロとして独り立ちできない可能性もあります。

今、自分が思い描く希望の「犬関連」の仕事に就くためにも、どのような働き先や職種があるのかを具体的に調べてください。
例えば、「獣医師になりたい」方は、動物病院以外にも研究所や製薬会社など、病院以外の場所で勤務できますし、逆に研究所や製薬会社に勤務した場合、獣医師の免許や資格が必要とは限らず、最短でその環境で働く道を選択する事もできます。

また、犬は好きだし、24時間犬のことばかりを考えて仕事をしたい!けど、勉強が嫌いだから無資格、未経験でも働けるところがイイ、という方には、その条件で募集をしているペットショップやドッグカフェ、サロンなどもあります。

ただし、ショップや飲食店員の場合、犬関連のお仕事以外に必要な能力も必要です。
具体的な準備を進めるためにも、どのような働き先や職種があって、自分がどの道に進みたいのかを明確にしましょう。

ステップ3、「どのくらいの能力、資格、勉強が必要か」

就きたい職種、働き先が具体的に決まったら、次に、その仕事に就くために必要な最低限の資格や知識を調べましょう。
例えば、動物看護士の場合、今後統一試験を受験し、それに合格しなければ、晴れて動物看護士として働けない可能性もあります。

また動物看護士認定試験を受験するには、指定校で決められたカリキュラムの受講が必要となるため、どの学校で学べばいいのかも今のうちに調べましょう。
その他、トリマーなどは、国家資格のような難しいものはありませんが、一流のプロとして活躍するには、ある程度の能力が必要不可欠です。

その技術を身につけるには、どのような勉強をどれくらい行う必要があるかを事前に調べておくようにしましょう。
各職種、働く環境によって、求められる能力、資格、勉強などがまったく異なるので今のうちに把握してください。

ステップ4、「勉強の方法を明確にしよう」

就きたい職種や働き先、そして求められる能力や資格などが明らかになったら、この度は、それを実現するためには、どのような勉強方法が必要なのかをはっきりさせましょう。

勉強の方法には、独学、通学、通信といった大きく3つのスタイルがあります。
それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分に適した方法を今のうちに調べておくといいでしょう。

例えば、独学は勉強費用を安価で抑えることができますが、デメリットが多すぎて、計画的に犬関連の仕事に就くことができない可能性もあります。
大学や専門学校など通学を選択した場合、学費、交通費、宿泊、などトータル的に勉強費用が高額になるのが予想されるほか、3年ないし6年の長期間の勉強期間が必要になるなどの問題もあります。

通信の場合は、大学に比べて費用も安く、独学に比べてしっかりと学ぶことが可能で、動物看護士統一試験等にも対応しているので、近年大変人気の勉強スタイルです。
勉強方法については、費用の問題なども含め、早めにご両親にも相談しておく必要があります。

大学や専門学校については、入学時期になると資料を取り寄せることが出来ますので、ホームページ等で内容を確認しましょう。
通信講座や通信制度の学校については、常時、無料で詳しい資料を取り寄せる事もできますので、ホームページで確認してください。

また各学校で、無料の体験入学やイベント等も開催していますので、今のうちに勉強方法を体験してみるのもいいかもしれません。
以上4つのステップで、学生の今のうちに準備しておくと、より夢への実現に一歩近づくことができますよ。

「犬関連の仕事に就きたい」という漠然としたことしか考えていない方は、上記を参考に早めに準備が進められるようにしてくださいね。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事