menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

犬関連の職業は独学でもなれる?メリットよりもデメリットが多い独学の難しさ

メリットよりもデメリットが多い独学の難しさ

獣医師に動物看護士、ペットシッターや動物介護士、その他トレーナーやアニマルカウンセラーなど、犬関連の仕事に必要な知識、技術力、そして資格取得に向けた勉強は独学でもできます。
大学や私立、専門学校などへの通学や通信制の専門学校を利用するよりもはるかに勉強費用を抑えることができますし、何より自宅で自分のペースで勉強を進められるのはいいですよね。

ただし、独学には、メリットよりもデメリットが多いので、その部分を十分理解した上で、独学での学びを選択してください。

独学のメリット

1、勉強費用が格安!

まとまった費用がない、勉強費用をとにかく抑えたい、という方にとっては、絶好の勉強方法といっても過言ではありませんね。
通学や通信制と違い、自ら選んだテキストだけで勉強できるので、費用はテキスト代のみとなります。

テキストといっても、高くても2,3千円程度なので、月に10冊購入しても、差ほど高い金額にはなりません。
大学や私立の数百万と比べると、激安であるのは明らかです。

2、自分のやりたい時に勉強できる

独学、つまり一人で勉強するという意味なので、自分で計画を立てて好きな時間に好きなだけ勉強が出来ます。
仕事の合間や週末だけ、平日の1時間だけ、などなど、好き勝手に予定を立てられるのも独学のメリットです。

独学のデメリット

犬関連の仕事に就きたい、そのための知識や技術力、資格を取得したい、と思うなら独学は絶対に避けるべきかもしれません。
なぜなら、独学での夢実現は、極めて厳しく、場合によっては、途中棄権、断念も・・・。

では、独学が難しい、という理由をデメリットで紹介します。

1、テキスト探しが困難

独学の唯一の頼みである「テキスト」が、まず準備できません。
たくさんの本屋さんや書店、インターネットを利用すれば、犬関連の職種に関する書籍、テキストは入手できます。

ただ、数ある書籍、テキストの中から、何が自分に最適なのか、どの本を勉強したら満足のいく知識や技術が習得できるのか、資格取得を実現できるのかが、不明だからです。
何も分からないからこそ、勉強をするのですよね?

でも、「何も分からない」では、必要なテキストがどれなのかも分からないのでは?

2、難しい問題がクリアできない

「おススメ本」というレベルで、犬関連のテキストを見つけたとしても、内容は難しくなかなか計画的に勉強は進みません。
特に、難しい問題にぶちあたった際、その意味を教えてくれる人も、いないのですから、そこで躓きます。

分からない問題を後回しにして、強引に前に進んだとしても、その勉強に意味はありません。
分からないことが多すぎると、あとは勉強そのものがイヤになってしまいますよね。

難しい問題がクリアできない!という事をきっかけに勉強ができなくなる可能性は十分考えられます。

3、誘惑が多すぎる

独学とは、自分で計画を立てて、一人黙々と勉強するスタイルです。
仕事や他の学問との両立も可能で、少しの時間も無駄にすることなく、勉強に専念できる、という点では、最高の勉強方法ですよね。

しかし、それがなかなか難しい。
自分の意思次第で、どうにでもなるのが、独学の難しさなのです。

勉強机に向かったとしても、あなたの意思一つで、勉強を中断することも、できるわけで・・・。
例えば、勉強中に「遊ぼう!」と友達から連絡が入ったり、好きなテレビ番組が放送されていたりしたら?

4、実務ができない

独学の場合、実務を学ぶ事はできません。
犬を飼っているといっても、飼い主として扱う場合と、トリマーや看護士、トレーナーとして扱う場合とはまったく違いますよね。

独学でいろいろと経験を重ねようにも、実務だけは、どうにもなりません。
その他にも「眠い」「集中できない」「家族がうるさい」等、あらゆる誘惑で勉強が長く続けられないのが独学の厳しさです。

以上のことから、独学には、メリットよりもデメリットのほうが圧倒的に多く、かつデメリットを残り超えるには、かなりの忍耐、努力が必要不可欠。
現在、すでに動物関連の仕事に従事している方で、追加で資格が欲しいという場合や、一度通信、通学なりで基礎的なレベルの知識や技術がある、という方を除いては、独学はおススメできません。

確実に、そして無駄な時間を費やすことを避けたいのであれば、通信もしくは通学で勉強するようにしましょう。
予算を出来る限り抑えたい場合は、通信が最適で、一括での支払いが難しい場合は、月数千円程度の出費で、しっかり充実の環境で学ぶことができますよ。

特に、以下の方は独学で、犬関連の仕事に就く事は難しいと判断できるので、改めて勉強スタイルを考え直してください。

  • 集中力が続かない
  • 忍耐力がない
  • 犬関連の知識がまったくない
  • 一度も動物関連の学校に通っていない
  • 犬を飼ったことがない
  • 友達が多い
  • 週に2,3回見逃せないドラマなどテレビがある
  • スマホが手放せない

上記に心当りのある方は、独学での勉強以外の方法を検討しましょう。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事