menu

犬関連の資格と仕事に就く方法

犬好きだけではダメ!?犬関連の仕事に向いている人の4つのポイント!

犬関連の仕事に向いている人の4つのポイント

犬関連のお仕事に就きたい・・・だけど、本当にその仕事は自分に向いているのか心配!
と、悩んでいる方も多いでしょう。

確かに、単なる犬好き、というレベルで果たせるお仕事ではありませんよね。
なぜなら、誰かにとって、かけがえのない家族、そして大事な命を扱うお仕事なのですから、当然誰にでも務まるお仕事ではありません。

これを機会に、本当に自分は、犬関連のお仕事に就くことができるのか、性格は?適正は?など気になる点をチェックしてください。
この記事では、実際に犬関連のお仕事に携わる方の声や、その他情報をもとに犬関連のお仕事に対する向き不向きを紹介します。

チェック1、「我慢できる?」

扱い相手は「犬」です。
どんなに勉強に勉強を重ねても、わんちゃんの言葉を完璧に理解するのは、当然不可能です。

ある程度の行動や伝えたいことなどを察する事はできても、なかなか上手くいかないのが日常茶飯事。
意思疎通の難しさ、煩わしさから、我慢できずに思わず、怒鳴ったり手が出てしまったりという事も?

でも、わんちゃんにとって、そんな人間の行動は意味不明で、理解不可能でしかありません。
ましてや、仕事で関わるわんちゃんをはじめ、ほとんどの動物は、他人様の大事な「犬」であって、家族同然。

各家庭の飼い主のしつけ方、愛情の与え方も異なるので、その都度腹を立てては、この仕事は続けられません。
また、飼い主に対する不満、怒りも多々生じるでしょう。

最近では、わんちゃんを愛するあまり、「モンスター飼い主」も急増中。
無理難題を押し付けたり、言いがかりをつけたりと、横暴な態度をとる方も珍しくありませんが、それでも、我慢は必須。

あらゆるシーンで我慢強く接することが出来る性格の持ち主でなければなりません。
あなたは、相手がわんちゃんでも、わがままな飼い主でも、理不尽な言葉を投げかけられても、グッとこらえることができますか?

我慢強さや忍耐力は、もともと備わった性格であるとはいえ、どうしても大好きな犬に関わる仕事に就きたいという思いがあるなら、今からでも、鍛えることは難しくはありませんよね。

チェック2、「体力はある?」

「犬」といってもサイズ、力、行動、は様々です。
例えば、ティーカッププードルのようにものすごく小さいサイズのワンちゃんから、ラブラドールのように両手を広げても抱き抱えることができない大型ワンちゃん、力の強いワンちゃんなど、犬種はいろいろです。

そんなワンちゃんたちが、慣れ親しんだ「我が家」とは違い、まったく違う環境で、まったく知らない人間に、爪や毛のカット、注射にレントゲンなど、いつもとは違うことをされるのですから、その途端にパニックになって突然暴れだすのは当然です。

そのとき、暴れる犬を押さえたり、逃げる犬を捕まえたりと、汗だくの行動は必要不可欠です。
その際にもしかすると、ガブッと噛まれたり、爪で皮膚を引っかかれたりすることもないとも言い切れません。

しかし、このような状況は、動物関連の仕事では、日常茶飯事。
その他にも、数多くの犬、猫ちゃん、などを取り扱うペッとショップの場合は、毎日の排泄物の処理、散歩、食事などの作業は、想像以上に体力、腕力が要求されます。

女だから、体が細いから、という言い訳は、当然NGですよね。
さらにトリマーの場合は、中腰の姿勢で、長時間作業をしなければいけません。

足腰が強くなければ、長年トリマーとして活躍する事はできませんよね。
動物病院やペットショップ、ペッとサロンに高齢犬の介護施設やトレーナーなど、犬と直接触れ合う職種の場合は、特に体力に自信がない方は、不向き。

体力に自信がない、足腰が弱いという方は、今のうちに体力に自信をつけておきましょう。
もしくは、直接犬などに触れることがないけど、犬のことばかりを考えて仕事できる犬関連のフード開発や雑貨販売店のショップ店員さんなどを希望するといいでしょう。

チェック3、「向上心はある?」

いくら勉強に勉強を積んでも、人間と犬とでは、会話ができないのが現実。
しかも、犬の数は、現在800種類以上とも言われています。

犬種によって、行動も性格もまったく異なるため、十分なコミュニケーションを図るには、日々たゆまぬ勉強、努力は必要不可欠です。
言葉の分からない犬とコミュニケーションが取れなければ、仕事にも差し支えますよね。

スペシャルな仕事をこなすためにも、毎日毎日勉強して、上を目指す向上心は必要です。
もちろん知識だけを増やしてもダメですよ。

トリマーなら、お客様と犬が大満足するような技術力が必要、獣医師や看護士なら、犬が安心して治療できるだけの高度な技術を要求されるでしょう。
あらゆるジャンルのプロを目指すためにも日々努力を惜しまない性格でなければなりません。

チェック4、「メンタルは強い?」

命ある犬、動物に関わるという事は、楽しいことばかりではありませんよね。
特に、動物病院や老犬介護施設で働く場合は、毎日「死」という残酷な状況を目の当たりにすることもあるでしょう。

関わってきた犬や動物の命が消え、飼い主が悲しんでいる姿を見ることはとても辛い状況です。
でも、その都度、落ち込んでいては、他の犬を救うことができず、当然仕事を続ける事もできません。

もしかすると助けられる命よりも、救えない命、消える命が多い可能生もありますが、それでもこの仕事に就きたいと思いますか?
メンタルの弱い人、気持ちの切り替えが上手くできない方は、この仕事には不向きです。

以上4つのチェックポイントを紹介しましたが、あなたは、いくつ該当しますか?
該当する項目が一つでもあれば、犬関連のお仕事に就く事は、難しいかもしれませんね。

それでもどうしても犬関連の仕事に就きたいなら、少しでも適正の性格、体力に近づけるよう努力してみてください。

犬関連の仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • 犬関連の資格について知りたい!
  • とりあえずペット関連の世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
犬関連の仕事への第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事